ライン

   <Pousada Convento Arraiolos (Arraiolos)>

Arraiolos アライオロスのポザーダは、手織りの絨毯で有名なアライオロス村の約1.2kmの村はずれにあります。
羊毛の手織り絨毯の工房兼ショップが立ち並ぶアライオロスの村から、小高い丘に立つCastelo de Arraiolos
カステロ・デ・アライオロス(アライオロス城)に登ると、村の反対側はオリーブやコルクの林、羊や山羊を放牧
している、アレンテージョ地方らしい牧歌的な風景が広がっています。アライオロスのポザーダは、そんな牧歌的な
風景のど真ん中に建っています。

アライオロスのポザーダは16世紀の修道院を1995年に改修したヒストリック・デザインタイプのポザーダです。
部屋などはモダンによく改修されており、近くのヒストリックタイプのエヴォラやエストレモスと比べると少し趣が
違うかもしれません。歴史的建造物の建物を当時の面影を残して泊まるヒストリックタイプ(その代わり部屋が
狭めとか、暗い感じの雰囲気)も良いですし、建物自体は歴史的た建物で宿泊する部屋は快適に改修した、
ヒストリックデザインタイプも良いですね。この辺りは個人の好みを大きいかと思います。

このポザーダの見所は、併設されている礼拝堂。この礼拝堂は全面アズレージョに覆われており、その青と白の
静寂の空間は見事です。それと何と言ってもポザーダの立地ですかね。ポザーダから見える、アライオロス城や
羊や山羊が牧草を食む、アレンテージョ地方らしい眺めはいつまでも眺めていたい風景です。

<ポザーダを探検>
Pousada Convento Arraiolos アライオロスのポザーダに泊まった ポルトガル古城・城跡巡りの旅:Castelo de Arraiolos アライオロス城
ポザーダ・コンヴェント・アライオロス 元は修道院 アライオロス城を望む

アライオロス城を望むポザーダのプール ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」アライオロス ポルトガル旅行記:アライオロスのポザーダ 手織りの絨毯が有名なアライオロスの村
 のんびりしましょう  回廊が修道院らしい アライオロス絨毯 

<お部屋の様子>
ポルトガルの国営ホテル:アライオロスのポザーダの部屋 ポルトガル・アライオロスのポザーダ宿泊記 ポルトガルガイド本「レトロな旅時間ポルトガルへ」の著者のHP
 モダンな部屋 目玉は・・・ お部屋からの、この絶景
部屋自体は、16世紀の面影はありませんが、部屋のテラスからの眺めは絶品です。丘の向こうから登る
朝焼けは見事でした。

<ポザーダ内の礼拝堂>
アライオロスのポザーダの修道院 全面アズレージョで覆われた美しい修道院(アライオロス) ポルトガルの民芸本「持ち帰りたいポルトガル」の著者のHP
<ポザーダの庭を散歩>
アレンテージョ地方の小さくて美しい村:アライオロス ポルトガルのコルク林(アライオロス) ポルトガルで乗馬体験:アライオロスのポザーダ
 この絶景の中をお散歩 コルクの林をお散歩中  乗馬体験も出来ます
ポザーダの周辺は遊歩道がありのんびりと散歩をする事が出来ます。アレンテージョ地方らしいコルク林を進むと、
ポザーダで申し込めば出来る乗馬体験用の馬などが飼われていました。ポザーダからこの田舎道を進んでいくと、
アライオロスの村に15分程で辿りつきます。この散歩道、良かったな〜。
さらに・・・Ola! Portugal 与茂駄(よもだ)とれしゅ から、
 ・アレンテージョ地方の白壁の家 ←アライオロスの村は青色のラインで縁どられていますが、青色にはどんな意味が?
 ・農園ホテルでチーズ作りを見学 ←ポルトガルのナチュラルチーズを造っている所をアライオロスの農園の工房で見学
 ・ポルトガル古城巡り:アライオロス城 ←丘の上に建つ、円弧状の城壁が美しいアライオロス城に行って来た
 ・「レトロな旅時間 ポルトガルへ」より、農園ホテルの動物たち ←本でも紹介した農園ホテルで可愛い動物に出会った〜

歩きまくり
Arraiolos アライオロス へ
Pousadaに泊まろう
トップへ
 
Ola! Portugal
トップへ
 

ライン